ロゴ画像

タロットカード:小アルカナの意味&解説

  • Home > ワンドの意味

ワンド(wands)

ワンドとはバトン(Baton)、棍棒。トランプのクラブに当たる。四大元素の火を象徴する。

ワンドのA

ワンドのA(Ace of Wand)

正位置の意味
創造的なエネルギーによって物事をスタートさせる時です。 新しく何かを始めるのに最もふさわしいタイミングです。 相手も大いに乗り気であり、成功するために必要な力や環境はすべていまのあなたに備わっているのです。

逆位置の意味
激しい失意を味わうことになり、物事が完全に終了します。 何か企画している案はうまくいかないで挫折しやすい時です。 自分に力があってもその力をうまくコントロールすることが難しく、やる気だけが空回りしています。

ワンドの2

ワンドの2(Two of Wands)

正位置の意味
遠い先を見つめて未来を楽観しています。それ相応の犠牲を払うのなら、成功することができそうです。 社会的に到達しうる地位に上り詰めることだって可能でしょう。 野心を抱いて海外での活躍を見つめているようです。

逆位置の意味
成功しようと思えば、誰でもそれ相応の犠牲を伴います。働きすぎて心身を壊す可能性だってあるでしょう。 二者択一で切ったほうの選択肢に内心、迷い続けることだってあるのです。 背を向けた何かに後ろ髪を引かれるかも。

ワンドの3

ワンドの3(Three of Wands)

正位置の意味
高いところに立って地平を眺めているように、明るい未来を展望しています。 海外での貿易や取引、ビジネスに縁があります。 将来を展望していると同時に、新しい旅立ちの予感がしています。意欲がみなぎってくるようです。

逆位置の意味
遠い眺めを見つめて、明るい今後を期待しています。 良い展開になることを疑っていないのです。 離れていても、一緒にいても、ずっと見守ってくれるという後見人やバックアップも期待できるでしょう。 遠方に縁があります。

ワンドの4

ワンドの4(Four of Wands)

正位置の意味
一緒にいて楽しいし、歓迎されています。 お祝い事に招待された楽しいゲストのようなひとときを過ごすことができるでしょう。 相性のよさや居心地の良さを実感することができます。受け入れられてリラックスできるのです。

逆位置の意味
受け入れてもらえず、無理に入っても違和感を感じたり、疎外感に悩まされそうです。 空いているのに入れない状態です。 離れるべき時期なのに、出発が遅れているようです。 同郷の仲間同志のはずなのにうまくいきません。

ワンドの5

ワンドの5(Five of Wands)

正位置の意味
バタバタと慌ただしい状態です。 忙しいというか、本人も状況の把握ができなくなるほど慌ただしい時間を過ごしていて、 複数の案件や人物が同時に関わっていることもあって、わけがわからなくなっているのかもしれません。

逆位置の意味
紛争やトラブルが自然におさまったり、意見や考え方がバラバラだったのが時間が経つにつれて一致してきたりするようです。 あるいは一時休戦みたいな感じで足踏み状態が続きます。訴訟・談合に負ける可能性もあります。

ワンドの6

ワンドの6(Six of Wands)

正位置の意味
誇らしげで目立つ存在になれそうです。 勝ち誇っていて自信に満ちているそんな勝利の印象を周囲に与えています。 仲間と協力しながら物事を進めることで成功をおさめそうです。 将来に対して、投資すると良い時期です。

逆位置の意味
自信を持つことができないで、優柔不断になっているとか、負けること・結果を出せないことを極端に恐れてためらったり、足踏みしている状態です。 他の人たちの応援も期待できず、孤立無援で戦うことを迫られそうです。

ワンドの7

ワンドの7(Seven of Wands)

正位置の意味
有利な立場にいるようです。 圧倒的に独り勝ちしている、ライバルに差をつけつつある、どういう勝負であっても立場が強い方にいる、差別化に成功する、 才能や能力が抜きんでているという状態、つねに上位にいるようです。

逆位置の意味
追い詰められていて、苦戦を強いられているようです。まったく気を抜くことができず、ここでやられると後がないことを知っている、 味方もいないのに孤軍奮闘を続けています。不利な戦い・低レベルなやりとりを続けています。

ワンドの8

ワンドの8(Eight of Wands)

正位置の意味
状況がかなりのスピードで変化して、あなたの望む方向へ進んでいくようです。 今は勢いがありますから再度のチャンレンジでうまくいきます。 時間が経てば改善していくでしょう。 遠方の土地や人物に縁がありそうです。

逆位置の意味
状況は停滞していて、方向感は分からず、どちらへ変化していくのか読めません。 活発ではない、動きがなく、勢いが衰え、マンネリ化していくようです。 時間が長く感じられるし、結果待ちのようななすすべもない気持ちです。

ワンドの9

ワンドの9(Nine of Wands)

正位置の意味
過去の失敗や傷やトラウマが原因になって、警戒心がかなり強くなってビクビクしています。 また失敗するのでは…と、慎重すぎて行動が起こせません。 相手の出方を伺ってばかりで緊張状態が続いていて防御を固めています。

逆位置の意味
慎重すぎて行動できなくなって、チャンスを逃します。 逆に警戒心が足りなくて、無防備すぎて敵につけいる隙を与えているようです。 出遅れてしまって不意打ちにあうとか、動けなくて何もできなくなっているようです。

ワンドの10

ワンドの10(Ten of Wands)

正位置の意味
余裕がなくて、容量オーバーなので、これ以上は抱えきれないと、強いプレッシャーを感じてるようです。 最後まで支えきる自信が危うくなってきています。 苦痛に一人で耐えていますが、ゴールまでもう少しかもしれません。

逆位置の意味
これまで抱え込んできたものの重さに耐えられなくなって、手放すかもしれません。 一人じゃ支えきれなくて、途中で不本意ながら投げ出すとか、我慢の限界に達して、これ以上頑張ると壊れてしまうからやめてしまうようです。

ワンドの王子

ワンドの王子(Page of Wands)

正位置の意味
明るく天真爛漫で、純粋な状態です。 子供らしいかわいらしさに満ちています。 仕事や勉学に関しては特に良く、あなたにとって望ましい変化や嬉しくなるような知らせが舞い込むでしょう。 メッセンジャーという意味も。

逆位置の意味
はしゃぎすぎて失敗したり、無茶をして怪我をしたり、かまってほしくて悪ふざけをするような子供っぽい態度が目立ちます。 とにかく他人の注目を集めたがります。 仕事や勉学に関して、悪い知らせが届くこともあります。

ワンドの騎士

ワンドの騎士(Knight of Wands)

正位置の意味
目標を掲げて前進することができます。 道は遠かったり険しいこともあるでしょうが、強い情熱があれば難なく乗り切ることができるでしょう。 何もおそれずに未知の世界や関係に向かって出発する時です。 旅行が吉です。

逆位置の意味
前進したい、先へ進みたいという情熱はあるのに、何かと邪魔が入るので、動揺をおさえることができない状態です。 突然地へ叩きつけられるような、想定外の妨害が入ることもあります。 うまく周囲と協調できないのかもしれません。

ワンドの女王

ワンドの女王(Queen of Wands)

正位置の意味
情熱的で、エネルギッシュで、堂々とした態度で、周囲を圧倒します。 じっとしていられず、自由に行動するようです。 誰に対しても遠慮などせず、正面から自分の意見を言ったり、他人を仕切ったり、リードしたりすることを好みます。

逆位置の意味
負けず嫌いなので、わがままに走りがちです。 もっと周囲に感謝の気持ちを持つべきなのですが他人の話を素直に聞けないのです。 強い嫉妬で自分が悩んだり周囲を悩ませたりします。 やる気が空回りすることもあります。

ワンドの王

ワンドの王(King of Wands)

正位置の意味
情熱的で自信のある態度で、未来へ向かって行動します。 楽観的で、行動力があり、強い情熱とともにもっと向上したいという気持ちも強いようです。 自己啓発には熱心なのですが社会への関心は乏しい傾向もみられます。

逆位置の意味
視野が狭く、ワンマンな態度、強引さが目立ちます。 横柄で、周囲の反応をあまり気にしません。 自分のことしか考えられない人という印象を周囲に与えているようです。 行動力があるだけに求心力や人望を落としがちです。

ワンド

ソード

カップ

コイン