ロゴ画像

運命の輪


運命の輪
  • Home > 大アルカナの意味 >運命の輪

運命は全てが必然

運命は悪いことばかりが続くわけではありませんし、良いことばかりが続くわけでもありません。しかしどのような流れも必然です。偶然はありません。必要な時に必要なことが起こり、必要な時に必要なアイディアが浮かびます。
人との出会いもまた同じです。お互いに必要な時に出会い、必要なくなると離れて行きます。それは必ず“お互いに”です。一方にとって必要なのに他方にとって不必要ということはありません。

【運命の輪】はどのようなことも必然だと教えてくれます。
しかし必然を自分のものにするためには、自分の能力を知っていなければなりません。運命の大きな流れはありますが、自分の長所を理解していなければ上昇のチャンスを逸してしまいます。良い時には下降しないために自分ができる手段を講じなければなりません。流されているだけならことは順調には運びません。

【運命の輪】には人物が描かれていませんが、四隅の天使、輪の周りの動物たちを人物と見なします。


絵の解説

文字や記号の書かれた中央の円盤にスフィンクスが座わり、蛇や狐が近くにいます。
獅子(火、右下)、牡牛(地、左下)、人(風、左上)、鷲(水、右上)が四隅で書物を読んでいます。

中央に描かれているT・O・R・Aの四文字は時計回りに読むと「TARO(T)」と読めますし、6時の場所から時計回りに読むと「ROTA」(輪)と読めます。
反時計回りに読むと【女司祭長】が手にしていた書物「TORA」と読めます。
T・O・R・Aの間の文字は、ヘブライ語で神を表す神聖四文字YHVH(YHWH)です。

四隅の天使たちはあらゆる万物を構成する四大元素で、全ての流れは四大元素が基になっていることを表しています。
しかし私たちもまたこの四大元素に司られています。
ある要素が多ければその方向に流れて行きます。
それは私たちの意志ではどうすることもできません。

四隅の天使たちは黄金に輝き、大きな可能性を感じさせますが、今はまだ勉強中です。
天使たちはそれぞれ自分たちの特徴、獅子は火のことを、牡牛は地のことを、人は風のことを、鷲は水のことを学び、自分のあるべき姿、自分の存在意義、この世で果たすべき役割を理解しようとしています。
(天使たちは【世界】で学びを終え、自分を自分色に染め上げています。)

蛇は狐の方に、狐はスフィンクスの方に向かっています。
四隅の天使の力を借りて、持っている力を素直に出せば、悪から善へ、低次から高次へと自然に流れて行きます。
しかし、スフィンクスも蛇の方を向いています。
頂点に達して慢心しているとすぐに下降してしまいます。
頂点に達したらスフィンクスの持っている剣で下降への流れを断ち切ることです。


正位置 : チャンス到来、流れに乗りましょう

チャンス到来です。流れに乗りましょう。
頂点を見極め、そこにたどり着いたら維持するための別の手段が必要です。
自分が持っている能力を高め、それによってチャンスをつかみましょう。


逆位置 : 自分の能力が分かっていなければ、チャンスはつかめません

どんな流れにも偶然はありません。あらゆることが必然です。今は下降しているかもしれませんが、必ず上昇します。
自分のバランスを崩して無理に何かしようとしないことです。
下降しているのは自分の能力を出し切れていないからです。自分の能力とは何なのか、それを分かっていなければなりません。
自分の能力を出さない限りチャンスはやってきません。


カードの意味
正位置の意味 転換点、幸運の到来、チャンス、変化、結果、出会い、解決、定められた運命。
逆位置の意味 情勢の急激な悪化、別れ、すれ違い、降格、アクシデントの到来。

<< 前のページに戻る