ロゴ画像

タロットカード:大アルカナの意味&解説

タロットカード(大アルカナ)の全種類22枚の意味を紹介します。

  • Home > 大アルカナの意味
愚者

0 愚者

愚者(ぐしゃ、英:The Fool, 仏:Le Mat)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「0」であるが、この番号が与えられているのはウェイト版など黄金の夜明け団系のデッキが多く、 マルセイユ版などの伝統的なデッキでは番号が書かれていないものが多い。
また、トランプのジョーカーの原型がこのカードだとする説もあるが、現在では否定されている。

魔術師

I 魔術師

魔術師(まじゅつし、英:The Magician, 仏:Le Bateleur)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
奇術師、手品師とも。
カード番号は「1」。
次のカードは「2. 女教皇」で、ウェイト版など一部のタロットにおける前のカードは「0 愚者」。

女教皇

II 女教皇

女教皇(おんなきょうこう/じょきょうこう、英:The High Priestess, 仏:La Papesse)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
高等女司祭(こうとうおんなしさい)や女司祭長(おんなしさいちょう)と呼ばれることもある。
カード番号は「2」。
前のカードは「1 魔術師」、次のカードは「3 女帝」。

女帝

III 女帝

女帝(じょてい、英:The Empress, 仏:L'Imperatrice)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「3」。
前のカードは「2 女教皇」。
次のカードは「4 皇帝」。

皇帝

IV 皇帝

皇帝(こうてい、英:The Emperor, 仏:L'Empereur)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「4」。
前のカードは「3 女帝」。
次のカードは「5 教皇」。

教皇

V 教皇

教皇(きょうこう、英:The Hierophant, 仏:Le Pape)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
法王(ほうおう)・司祭長(しさいちょう)と呼ばれることもある。
カード番号は「5」。
前のカードは「4 皇帝」。
次のカードは「6 恋人」。

恋人

VI 恋人

恋人(こいびと、英:The Lovers, 仏:L'Amoureux)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「6」。
前のカードは「5 教皇」、次のカードは「7 戦車」。

戦車

VII 戦車

戦車(せんしゃ、英:The Chariot, 仏:Le Chariot)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「7」。
前のカードは「6 恋人」、次のカード(8)はウェイト版が「力」、マルセイユ版が「正義」。

正義

VIII 正義

正義(せいぎ、英:Justice, 仏:La Justice)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
裁判の女神(さいばんのめがみ)とも呼ばれる。

隠者

IX 隠者

隠者(いんじゃ、英:The Hermit, 仏:L'Ermite)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「9」。
前のカード(8)はウェイト版が「力」、マルセイユ版が「正義」。
次のカードはウェイト・マルセイユの両版とも「10 運命の輪」。

運命の輪

X 運命の輪

運命の輪(うんめいのわ、英:Wheel of Fortune, 仏:La Roue de Fortune)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「10」。
前のカードは「9 隠者」、次のカード(11)はウェイト版が「正義」、マルセイユ版が「力」。

力

XI 力

力(ちから、英:Strength, 仏:La Force)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
剛毅(ごうき)・力量(りきりょう)・力士(りきし)とも呼ばれる。

吊された男

XII 吊された男

吊された男(つるされたおとこ、英:The Hanged Man, 仏:Le Pendu)は、 タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
吊し人(つるしびと)、吊られた男(つられたおとこ)、死刑囚(しけいしゅう)、刑死者(けいししゃ)とも呼ばれる。
カード番号は「12」。
前のカード(11)はウェイト版が「正義」、マルセイユ版が「力」。
次のカードはウェイト・マルセイユの両版とも「13 死神」。

死神

XIII 死神

死神(しにがみ、英:Death, 仏:La Mort)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。事象のみを指して死(し)と呼ばれる場合もある。
大アルカナの22枚のカードの中でも、直接的に「死」を取り扱い、また連想させるカードであることから伝統的に「不吉」とされ、 マルセイユ版タロットをはじめ「死」を意味する単語を記載せず無記名とする場合がある。
なお、カード番号は「13」で、この数字はキリスト教の影響から特に西洋で不吉な数字とされている。
前のカードは「12 吊された男」、次のカードは「14 節制」。

節制

XIV 節制

節制(せっせい、英:Temperance, 仏:Temperance)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「14」。前のカードは「13 死神」、次のカードは「15 悪魔」。

悪魔

XV 悪魔

悪魔(あくま、英:The Devil, 仏:Le Diable)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「15」。前のカードは「14 節制」、次のカードは「16 塔」。

塔

XVI 塔

塔(とう、英:The Tower, 仏:La Maison Dieu)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
フランス語の“La Maison Dieu”やスペイン語の“La Casa de Dios”はいずれも「神の家」を意味するが、 “La Maison Dieu”は本来“La Maison de Feu”、つまり「火事の家」だったものの誤写により生じた名称である可能性が高いとされる。
カード番号は「16」。前のカードは「15 悪魔」、次のカードは「17 星」。

星

XVII 星

星(ほし、英:The Star, 仏:L'Etoile)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「17」。
前のカードは「16 塔」、次のカードは「18 月」。

月

XVIII 月

月(つき、英:The Moon, 仏:La Lune)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「18」。
前のカードは「17 星」、次のカードは「19 太陽」。

太陽

XIX 太陽

太陽(たいよう、英:The Sun, 仏:Le Soleil)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
別名「二つの太陽のカード」。
カード番号は「19」。
前のカードは「18 月」、次のカードは「20 審判」。

審判

XX 審判

審判(しんぱん、英:Judgement, 仏:Le Judgement)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。
カード番号は「20」。
前のカードは「19 太陽」、次のカードは「21 世界」。

世界

XXI 世界

世界(せかい、英:The World, 仏:Le Monde)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。宇宙(うちゅう)という意味も含む。
カード番号は「21」で、前のカードは「20 審判」。
古い時代のタロットではマルセイユ版で「番号無し」とされた「愚者」を「22」に置いて「世界」の次のカードとするものや、 逆に「世界」を「22」・「愚者」を「21」とするものが存在していた。

ワンド

ソード

カップ

コイン